« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月に作成された記事

2016年9月29日 (木)

焼き栗

 テレビを見ていた妻が、笠間の焼き栗が美味しそうだという。ネットで調べると、小澤栗園というのがあり、これまで大粒の日本栗は「焼き栗」をつくるのに技術的に難しかったが、試行錯誤を繰り返し、提供できるまでになったそうだ。

野次馬根性で行って見るかとなった。50号から笠間市街を抜け、友部ICの先に小澤栗園はあった。といっても栗林ではなく、住宅と焼き栗工場がある場所のようで、焼き栗を買い求める人が行列を作っていた。

Dsc_0708_2 工場で栗を買い求める人

栗林は近くに何か所かあるそうだ。焼き栗は円筒状の容器に入れ、圧力を掛け過熱して作る。減圧する時出る蒸気は栗の水分とか。出てきた栗は殻が割れて剥き易いようになっていた。

Dsc_0704 圧力をかけ焼く

Dsc_0709 減圧

Dsc_0705 出来上がり

中粒500g入り1,600円が販売最小単位で、試食の栗が無いとぶつぶつ言いながら妻はこれを買い求めた。車に戻って早速食べてみると、ん、美味い、それは甘味としっとり感のあるホクホクさで、初めて体験する味だ。

Dsc01587 1,600円

少し高いがこれならしょうがないか、来てよかったという妻。しかし再度買う気はないという。これが我が家の経済事情なのだろうか。

2016年9月16日 (金)

ヤブラン

 庭にいた妻がカメラ持ってきてという。何だと思ったら花の写真を撮るのだそうだ。そこには紫色の穂状に咲く鉢植えの花があった。それは何だと聞くと、ヤブランだという。小さな鉢植えを買って、2度大きな鉢に植え替えたそうだ。

Dsc01564_2 ヤブラン

それが今、これまでで一番いい花を咲かせているという。手をかけて育てれば応えてくれる、それが楽しいとか。釣ばっかりじゃなく少しは関心を持ったらと言われたが、こりゃ難しいのー。

Dsc01575 ニチニチソウ

周りを見ると3種類の花が、ニチニチソウとベコニアそして残り1輪となったサフィニアだそうだ。以前はもっとあったようだが、妻も花にはあまり時間も金もかけてはいないようだ。

Dsc01576_1 ベコニア

名は知らずとも花は心を和ませる。たまにはオッ花が咲いてるな、なんて思ったこともあるがそこまで。だから花の名など知る由もない。いや、花の名を聞いてもすぐ忘れるのだ。

Dsc01577 サフィニア

それは人の名を聞いてもすぐ忘れるのと共通する。これは興味がないからか、覚えようとしないからか、単に記憶能力がないからなのだろうか。

2016年9月14日 (水)

芝刈り

 台風や前線の影響による雨で河川は増水続き、なかなか釣りに行く機会がない。久し振りに庭の芝刈りをすることにした。以前は手押しの芝刈り機を使ったが、刃が切れなくなったり芝の面積を半分にしたこともあって、今ではおもちゃのような電動回転芝刈り機だ。

Dsc01569 芝刈り機

回転するプラスチックの刃は12㎝、実際には8cm位づつ刈り進むので結構大変だ。2つある充電式のバッテリーも合わせて1時間強程しか持たない。充電に時間がかかるため大抵2日がかりだ。夏は芝の伸びが早く、今回で3度目の芝刈り。

Dsc01574 バッテリー充電

後1回刈ることになるか。芝の伸びを抑えることはできないが、刈る労力を減らす方法はないものかといつも思う。何せ暑いし蚊にも悩まされる。金を出せばいい芝刈り機もあるが、我が家の庭に不釣り合い、先々どうしたものかのー。

2016年9月 5日 (月)

やっちゃた

 川の様子を見に行き、河原に車を止め下りた。いつもはスマホのストラップを首にかけているのに、充電していたため外していた。下りて車の中からスマホを取り出した時、手から滑り落ちてしまった。

拾い上げると液晶画面にヒビが、しまったーと動かそうとしたが反応なし。落ち方が悪かったのか不運。やむなくドコモへ駆け込む。ケイタイ保障サービスに入っていたので、5000円で同じ電話機の交換が出来た。

Dsc01579_1 交換したスマホ

しかし2年前にも落として交換、対策にストラップを付けたのにまたしてもだ。更なる対策として耐衝撃ケースやフィルムがあるというので、電気量販店へ。しかし型が古いため専用のものはないという。やっと探したのは、ギリギリサイズの衝撃吸収フィルム。

Dsc01581_1 衝撃吸収フィルム

光の反射や指紋防止機能もあるそうだ。それにしてももっと汎用性のある商品があってもいいと思うのだがなー。まーこれで安心せず、落とさないように気を付けよう。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »