« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月に作成された記事

2017年1月29日 (日)

かまくら祭り

 湯西川温泉のかまくら祭りが28日オープンだと、新聞を見ていた妻がいう。野次馬根性というか暇つぶしというか行って見ようとなった。しかし、本心は水の郷の日帰り温泉入浴なんだろう。道路に雪はないが五十里湖辺りから周囲に雪が目立つ。

先ずはかまくら祭り会場を見ようと、水の郷を通り過ぎ温泉街へ。メイン会場は予想通り去年と同じ「平家の里」。通常の入館料510円を払わないと大きな「かまくら」があるだろう会場に行けないのだ。

Dsc01993 平家の里入口

Dsc01988 入口からはここまで

既に平家の里を訪れた人が、「かまくら」を見るだけに料金払うだろうか。釈然としない会場設定に疑問を持ちながら、門から中を覗いただけで沢口会場へ。そこではスノーラフティング等体験できるが客待ちだったな。

Dsc01999_1 客待ちだね

すぐ側には日本夜景遺産にも認定されたという河川敷ミニかまくら会場がある。その幻想的な光景は夜の体験となるが、何度か泊まっても出掛けるのが億劫で見たことはない。

Dsc01995_1 河川敷のミニかまくら

Dsc02011 夜の光景、テレビより

他にも小さな会場はあるが、もういいやと水の郷へ。そこには大きなかまくらが2つ、先ずは少し遅めの昼食をとレストランに入ると満席。やむなく、先に入浴することに。

Dsc02001 水の郷にはかまくらも

日曜日とあってか風呂は子供連れでかってない混雑だ。露天風呂では思ってもいなかった雪見風呂体験となったが、そんな情緒を楽しむ雰囲気ではなかったなー。

Dsc02003_1 雪のある露天風呂

そして再びレストランへ。おー何ということ、完売で店じまいだという。それを察知していたのか?来る途中コンビニで美味そうなにんにく味鶏唐揚げを買ってきた。それをで腹の足しにし、妻は屋台の焼き芋を買い、高いと言いながら食べていた。

Dsc02008 湯西川くらし館」

側にある湯西川くらし館では、「蝶の美術展」が実施中。だけ無料というので入ってみたら、感動した分の気持ちだけということ。館内は蝶の標本、絵画、版画でいっぱい。初めて見る体験、なかなか素晴らしく、感動したので気持ち置いてきた。

Dsc02007 蝶の美術展

駐車場脇の大吊り橋を渡ると、そり遊び等が出来るスノーパークがあるそうだ。雪まつりと温泉と蝶の美術展、この3点セットは初めての方にはオススメかも。

Dsc02009_1 大吊り橋

2017年1月22日 (日)

水栓破損

 15年ほど前に設置したシステムキッチン。そのシンクに付いていた水栓に異常が出始めたのは数年位前か。先ずはハンドシャワーのホースの引き出しに支障、次いでシャワーと清流の切り替えに支障。1年前には水栓の左右回転が不可となる。

交換を検討するが、同じ物だと5万円を超す。何とか使えていたが次第にハンドルが固くなり遂に先日破損してとれた。もう吐水用の心棒?を指で動かすしか方法はない。よくここまで持たせたものだ。

Dsc01981 ハンドルがとれてしまった

交換する水栓はお湯と水が出て左右回転するだけの物、シンプルイズベストと決める。それでも3万円オーバー。ホームセンターに行くとメーカーカタログにはない型格品が半額。機能はほぼ同じ、探せばあるもんですなー。

Dsc01983 ホームセンターで購入

業者に頼んで取り付けてもらう。ところが古い水栓が固着して取れない。あの手この手悪戦苦闘してやっと外れた時、アー良かった―、と大声を上げる作業員。自分でやろうとも思ったが、素人じゃ無理だったね。

Dsc01986 シンプルイズベスト

2017年1月12日 (木)

早くも1順

 今年も順調に?すべり出した日帰り温泉通い。3回目の今日は前日光つつじの湯。これで去年良く通った、ベルさくらの湯、鬼怒川公園岩風呂と合わせた3ヶ所を1順した。ここのお湯はほんのり硫黄の匂いがしつるつるで気に入っている。

Dsc_0906 つつじの湯

いつものように先ずは昼食。以前はビールを飲んだが、最近は往復ハンドルを握る。妻は飲め飲めと言うが、突然睡魔が襲ってくる妻。未だ死にたくないと、1時間の運転は任せられない。ということで天ぷらそばにお茶と侘しい。

Dsc_0904 ちょっと侘しい

脱衣所に行くと平日ではめずらしい大勢の人。まだ正月気分が抜けないのか、寒さが人を呼び寄せるのか、政やん達は何だろう。温泉は健康にいいと温泉好きの妻、だから元気なんだとも。ビールが無くても食事には有りつける・・・。

2017年1月 9日 (月)

日光~鬼怒川

 今年もまた日光二荒山神社へ参拝に行こうという。特に拘っているようでもないが、まあ行動することはいいことだと出かける。休日とは言え9日ともなれば参拝客も少ない。境内には夜降った雪が残り冷える。

Dsc_0890_2 残雪の二荒さ山神社

Dsc_0898 参拝客も少ない

長居は無用と鬼怒川の公園岩風呂へ向かう。これも妻の予定の行動だ。途中鬼怒川温泉手前にあるラーメン店伝丸に立ち寄り昼食。ここの濃厚味噌野菜ラーメンが旨く気に入っている。今日は3人で運転手がいるのでビールも、これで政やんはもう満足。

Dsc_0901 伝丸

Dsc_0899 濃厚味噌野菜ラーメン

公園岩風呂は、お湯が良く、340円と安く、休日でもあまり混雑しない、ということで妻は気に入っているが、今日は珍しく混んでいた。まだ正月の余韻なんだろうか。でも、いよいよ明日からは平常運転ですなー。

Dsc_0902 公園岩風呂

2017年1月 5日 (木)

今年もまた

 正月気分も薄れ、今年もまた日帰り温泉通いが始まった。疲れるから近場にしようというので、去年の暮れ最後に行ったベルさくらの湯だ。学校が休みのためか子供連れも多く、思った以上に賑わっていた。

Dsc_0881 入口には門松

近いので帰りの運転は妻、ということでビールとラーメンで昼食。ここの野菜たっぷり塩ラーメン、麺はイマイチだが野菜とスープがうまいのがいい。源泉掛け流しの露天風呂、空気の冷たさが気持ちいい。

Dsc_0880 食事処

入口の脇にある寒桜?は暮れよりも花を多く着けている。いつまで咲いているのだろうか。そして今年もまた日帰り温泉通いは続けて行けるのだろうか。

Dsc_0884 暮れより盛況

2017年1月 3日 (火)

初歩き

 年賀はがきを投函しに行ったついでに、今年初のウォーキングだ。住宅街を抜けると田んぼ、そしていつものウォーキングコースの土手に出る。まだ3日で、しかも夕方近くとあってか、他のウォーカーも1人、何となく寂しい風景だ。

Dsc01963 ウォーキングコース

この時期、川には鴨が飛来しているが、例年より数が少なさそう。そんな中、1羽のカワウを見つけカメラを向けると、危険を感じたのか飛び立った。魚を食い荒らすにっくき害鳥、今年も鮎への被害が思いやられる。

Dsc01966 寒くないのか鴨達よ

Dsc01965 飛び立つにっくきカワウ

約50分、正月疲れもあってゆっくり足慣らし。徐々にペースアップ、そして今年こそ継続ですなー。

2017年1月 2日 (月)

初詣

 寝正月、朝起きたら箱根駅伝は第2走者だ。新聞を広げ、珍しくチラシを見る。ユニクロの極暖ヒートテックが990円、今日限り。のこのこ出かけ、世の中の様子を見る。結局極暖のタートルネックとタイツを買っただけ、冬の釣用ですなー。

Dsc01976_2 極暖ヒートテック

午後外から戻って来た妻と神社に初詣。古いお札とお守りを持って行き、神社のお焚き上げの火に投入、参拝をして新しく買い求めるという、まー毎年の行事ですなー。

Dsc01959 お焚き上げ

近年は妻がお賽銭を手渡してくれるので、必ず手を合わせて家内安全などお願いするようになった。これで1年が無事過ごせれば嬉しいことです。帰りがけに屋台で買った鳥の唐揚げはうまかったなー。

2017年1月 1日 (日)

年越し

 今年は我が家で年を越そうと言っていた妻が10月に突然、温泉でゆっくりしたいと言い出した。しかし、もうほとんどの宿は満室で、一旦は諦めたがしつこく探し、何とかまあいいだろうという宿を見つけ予約した。

そして昨日、ゆっくり出かけ上信越自動車道の下仁田ICで下り、近くにある道の駅下仁田
に立ち寄る。ドーナツ状の珍しい建物で、下仁田ネギラーメンを目にし、早目の昼食とする。塩味を頼んだが、ネギの甘さとねっとり感が何とも言えず大当たりだった。

Dsc01880 道の駅下仁田

Dsc01878 ネギラーメン

そこでネギと玉こんにゃくを買い、宿のある上野村へと向かう。1時間も経ずして神流川に架かる橋を渡る。上野村はその流れに沿って集落が点在しているようだ。先ずは川の駅上野に寄ってみるが休館。

Dsc01956 下仁田ネギ520円

次に、この地の幕府の天領を取締る大庄屋であった旧黒澤家住宅(国指定重要文化財)を訪れるがここもお休み。年末年始に訪れるってことが間違いなんだ。脇の垣根越しにちょっと覗いただけ。

Dsc01884_2 旧黒沢家住宅

Dsc01885 脇から覗いてみた

そこから少し奥まった所に慰霊の園がある。上野村の御巣鷹の尾根に墜落した日航機事故で犠牲になった520の精霊を祀る為に建設されてそうだ。22㎞先にある事故現場に向って合掌した形の慰霊塔があり、そこで合掌。

Dsc01891 慰霊塔

次に向かったのは上野スカイブリッジ。不二洞という洞窟の長さ関東一の鍾乳洞の入口近くにある。100円を料金箱に入れ、高さ90m、長さ225mの吊り橋を渡って行くとまさに空中散歩、気分爽快である。

Dsc01893 スカイブリッジ

Dsc01894 空中散歩

渡り切ったその先のトンネルをくぐって行くと、まほーばの森で、レストラン、コテージ、キャンプ場が広がる。ここら一帯が村おこしのエリアなのだろうか。宿の少し手前にある道の駅上野の銘木工芸館を覗きたかったが、やっぱり休みで残念!。

Dsc01902 トンネルをくぐって行くと

Dsc01900 まほーばの森

宿は向屋温泉・ヴィラせせらぎ、3時少し前で早目の到着だ。部屋は1階で、窓を開けると庭に出られ、その向こうが神流川、なかなか気に入った。先ずは今年1年間ご苦労様、元気で何よりとビールで乾杯!。夕食まで風呂に入ってゆっくりする。

Dsc01934 ヴィラせせらぎ

Dsc01928 窓の外は庭

夕食は6時から、2度目の乾杯でスタート。料理の味はいいのでお酒も進む。上州牛鉄板焼きには地酒上州の寒梅が合う。グレードアップ料理プランなのにさほど髙くなく、しかも量も多い。歳のせいか美味いのに食べきれなかった。こんなこと初めてだ。

Dsc01907 味は良かった

Dsc01910 上州牛と上州寒桜

部屋に戻り1人二次会、テレビもつまらない。何となく時間が過ぎ、11時半にビンゴゲームがあるというので行くと既に始まっていて、商品を貰い損ねた。続いてカウントダウンとささやかな花火で新年を迎えシャンパンで乾杯、という宿の演出だった。

Dsc01916_2 かわゆい花火

Dsc01918 シャンパンが振舞われた

そして今日元日は、お風呂に入ってきたらーという声で起こされた。もう8時近く、それじゃーと部屋を出る。誰も居ない貸切状態の露天風呂。山の上から朝日が差し込み、青い空、鳥のさえずり、ひんやりとした空気が気持ちいい。ビールがあればサイコー。

Dsc01920_2 露天風呂で自然満喫

10時に宿を出て、すぐ側の河原へ行って見る。かなり広い河原で、関東一の清流とも言われる神流川が流れている。いつか鮎釣りに来たいと思うのであった。

Dsc01937 河原から宿を望む

そのすぐ近くの支流野栗沢川の上流に竜神の滝があるというので行って見る。細い道の突き当りに車を止め、少し歩くと見えてきたのは落差20mほどの2段の滝だった。

Dsc01938 竜神の滝

そこからは神流川沿いに下り帰途に着く。暫く進むと神流湖が見えてきた。下久保ダムで出来たかなり大きな湖だ。

Dsc01943 神流湖に出来た島

Dsc01944 下久保ダム

更に進み藤岡市に入って行く。そして前日道の駅下仁田で偶然知った世界遺産を訪れた。そこは高山社跡。国の史跡に指定され、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産で、養蚕技法「清温育」の確立と普及に貢献したそうだ。

Dsc01954 高山社跡

近くにある駐車場では高山社の歴史などを知ることができた。しかしここも休みで、外から見ただけ。正月だからしょうがないね。今回は温泉でゆっくりするのが目的だから、まーいいでしょう。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »