« 初歩き | トップページ | 酒の肴 »

2019年1月 7日 (月)

カワウ

 下野新聞の一面に、カワウ1000羽へ削減目標、の見出し。鮎の二大大敵は冷水病とカワウだ。冷水病の有効な対策はないが、カワウは駆除することである程度の効果は上げられる。

Dsc06019是非目標達成を!

漁業大きな被害を与えてきたというカワウの食害は、17年度3億3500万円とか。国は23年度までに個体半減の目標を出しており、県も近年2千羽前後で推移する生息数の半減を目指したのだろう。

釣り人としては大歓迎。ドローンの活用など対策も検討しているようで、是非目標を達成してもらいたいものだ。

とはいうものの、今鮎にとって一番の問題は冷水病なのだ。カワウは川の鮎を食い尽くす事はないが、冷水病ではほぼ全滅に至ることもある。

県内の川は殆ど冷水病の被害を受けている。鬼怒川はここ数年さんざんな目に遭っており、去年は追加放流で細々と凌いだようなものだ。

今年鬼怒川漁協は解禁日を早める。冷水病を発症する水温に上がる前に、少しでも多く釣らせようとの考え、何とも消極的対応だ。冷水病に対する研究はどうなっているのか、関係者の奮起を期待したい。

« 初歩き | トップページ | 酒の肴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534388/67571484

この記事へのトラックバック一覧です: カワウ:

« 初歩き | トップページ | 酒の肴 »