日記・コラム・つぶやき

2018年4月11日 (水)

花より団子

 職場OBの花見はいつも盛期を過ぎた頃、特に今年は開花が早く葉桜だ。まー花より団子だから一向に気にしない。参加者がいつになく少ないが、体調が理由でないのが幸いだ。

飲み物に不自由はしない。先ずはバーベキューが出来上がってくる、酒が進む。

Dsc_1693バーベキュー係?

Dsc_1688バーベキューで酒が進む

次は政やんが釣ったヤマメの塩焼き。例年1人2匹当てが今回は1匹、というと残念がるが、型で勝負だ(例年よりかなり大きい)と言うと納得。

Dsc_1687ヤマメの塩焼き。

最後の仕上げは焼きそば、と例年同じだ。

Dsc_1692仕上げの焼きそば

それにしてもヤマメ人気を改めて認識、次回は2匹当て用意しなきゃー、まだ頑張らんといかんのー。







2018年4月 9日 (月)

天平の丘公園

 下野市の天平の丘公園の八重桜が満開と聞いて出かけた。確かに白の八重は見頃だが、メインのピンクの八重は少し早かった。

Dsc_1660天平の丘公園

古木を横たえた腰掛に陣取り花見だ。満開の華やかさはないが大勢の花見客で賑わい、流れる演歌が気分を盛り上げる。

Dsc_1668大勢の花見客

沢山の店も出て、アルコールやつまみには事欠かない。やっぱり花より団子ですなー。

Dsc_1677出店が多くていい

Dsc_1661先ずはビールに唐揚げ

Dsc_1662イカの一夜干し

カラオケが始まり、歌い手の批評をしながら2本目は大きいサイズ。やっぱり若い女性の張りのある声がいいが、望むべくもない。

Dsc_1665_32本目と川エビの唐揚げ

いつの間にかいなくなっていた妻がじゃがバターを買って戻ってきた。人気商品で先ほどまで行列を作っていたが、確かにうまい。

Dsc_1672じゃがバター

これが結構腹に効いて、もういいかってことでお開き。妻と今年2度目の花見、何の変化か、こんなこと有りー。今週末が見ごろでしょう。
















2018年4月 4日 (水)

温泉と桜

 鬼怒川公園岩風呂周辺の桜が見頃というので出かけた。着いてみると確かに満開、先ずは岩風呂へ。妻が気に入っており時々訪れている。

Dsc_1635_2岩風呂駐車場

ゆっくり入浴した後は花見だ。隣接する野外ステージ脇の道路には片方にソメイヨシノ反対側にピンクのしだれ桜が並びそのコントラストがいい。

Dsc_1630ソメイヨシノとしだれ桜

Dsc_1627色合いがいい

歩きながら眺め、野外ステージに入ると周りにも桜、散歩がてらしばしの癒やしだ。もう暫くするとツツジの季節。公園のツツジもきれいなので楽しみだ。まー何かにかこつけて行動しなくチャーね。

Dsc_1628野外ステージ

2018年3月31日 (土)

花見

 弁当持っての妻との花見は何年ぶりか?、思い出せない。混雑を避け壬生のわんぱく公園へ。駐車場はほぼ満杯ながら、運動競技場は静かだ。

Dsc_1593運動競技場

Dsc_1611桜も満開

桜の木も満開で花見客が2組。草の上に座り買ってきた弁当を広げる。日向ぼっこをしながらの花見日和、ビールがサイコー。

Dsc_1590今日はノンアルじゃない

賑わいを見せる花見会場もいいが、静かな環境の中での花見もいいだろうと、場所選定の妻は得意気だ。桜の下で食べる弁当も美味かった。

Dsc_1606桜の下で

帰り際、新聞に載った花見会場、壬生の東雲公園の脇を通り抜けようと、野次馬根性出したら渋滞にはまってしまう。やっぱり今日の場所は正解であった。

Dsc_1613東雲公園の桜

2018年3月29日 (木)

もう満開

 26日に我がウオーキングコースの桜が開花したと思ったら27日夕方には3分咲き。その早さにびっくりしていたら、何と今日は満開だ。

Dsc_156827日の3分咲き

Dsc_15833日で満開

通常、。開花から満開まで1週間といわれるが、何と3日だ。そして驚いたことには木の下の芝生には桜の花びらが。そんなに早く散っていいのかよ。

Dsc_1589もう散ってるよ

上野の桜も3日で満開と聞いたが、連日続く異常気温の結果だろう。今年の夏、異常気象による気温や雨量への極端な影響がないようにと思うのは鮎師ばかりじゃあるまい。

2018年3月26日 (月)

開花

 今年は桜の開花が早く、東京では花見の真っ盛りとか。我がウォーキングコースの桜は今日がやっと開花宣言か。

Dsc_1548ウオーキングコースの桜

Dsc_1543開花です

白モクレンはもう散り始めている。

Dsc_1562白モクレン

菜の花はきれいに咲いているが、これから更に広がりを見せるだろう。

Dsc_1550これからだね

タンポポも名も知れぬ花と一緒に咲いていた。

Dsc_1560

この時期は自然の移ろいが見られて楽しい。歩くと汗が出て風呂よりシャワーの季節ですなー。

2018年3月20日 (火)

アジ釣り

 東京湾のアジ釣りバスツアーに参加。朝早いのは辛い、バスに乗り遅れた夢を見て目が覚めた。20人弱の貸し切り船は7時半に金沢魚港を出港、30分程で釣り場に着く。

Dsc_1524漁港から釣り場へ

1投目、アタリ無く巻き上げると針が糸絡み、解けずに切って交換。2投目、また同じ糸絡み、やっと解く。隣人は既に5匹の釣果。おかしいと思ったら撒餌を入れる「ビシカゴ」のセットに問題発見。

Dsc_1527ダブルだった

船頭に交換してもらい3投目、確かな手応えでダブルで掛かってきた。やれやれと思っていたら今度はリールの糸が絡んでしまう操作ミス。船頭にやっと解いてもらう。朝の釣れる時期のトラブルは致命的だ。

Dsc_1529皆ガンバッテル

波で大きく揺れることが多く踏ん張るのも大変、酔う人もいた。アタリは次第に遠のき船は移動を繰り返すが1時半終了。アジ17、カサゴ1,イシモチ1の釣果。船内アベレージはアジ20匹位とか。

アジ釣り2回目ながら結果には満足できず。去年の学習もできてないのだ。今回いくつかの反省点が有り、来年参加できれば生かそうとメモにした。

Dsc_1533_2釣果、捌きの途中

アジは刺身となめろうで食べたが、刺身は2日目の方がねっとり感と味が濃く感じられ美味かった。なめろうは味噌だけで作ったが酒のつまみに最高だね。

Dsc_1535刺身

Dsc_1537なめろう




2018年3月17日 (土)

初釣行

 今年初釣行は鬼怒川上平。ヤマメ放流というので出かけた。まー自然釣り堀ですなー。少し抵抗はあるが、ちゃっぴりの楽しみと活力維持のためにね。

Dsc_1509上平橋

川には大勢の釣り人。何とか空きスペースに入り9時過ぎ開始。川が大きいのでルアーで広く探ろうと始めるが1時間0。周りもあまり釣れない。

Dsc_1511あまり釣れてない

川の規模、人の多さに対して放流量が少ない、なんてぼやきながら餌釣りに変える。8mの本流竿にブドウ虫餌で始めるとすぐにヤマメがヒット。

Dsc_1516ルアーと本流竿

その後2匹追加するもアタリが止まり、餌をイクラに変えるとすぐに1匹。しかしその後反応なく12時過ぎにギブアップ。

3月1日の渓流解禁をパスし、何とか行動しなきゃーと思っていたのでやれやれですなー。

Dsc_1520_3釣果20~22㎝


2018年3月13日 (火)

梅祭り

 陽気に誘われ散歩がてらと筑波山梅祭りへ。会場入り口の手招きにに誘われ入ると、前金500円、駐車場は300メートル先だと。近道らしき山道があり上ってゆくが、結構きつく山登だとぼやく妻。

Dsc_1471山道を

やっと出た所に真新しい展望台。一休みしながら梅園を見渡す。白梅、紅梅など約千本の梅があるというがほとんどが白梅で、丁度満開だ。

Dsc_1472展望台

Dsc_1478梅園を見渡す

梅林の中に入って行くと結構な人出だ。花の下に陣取りコンビニで仕入れた弁当を広げる。今日はノンアルなのがちょっぴり寂しい。

Dsc_1490梅林の中へ

Dsc_1480ノンアルで我慢

Dsc_1492白梅もいいが

Dsc_1486赤も華やかでいい

あちこち散策しながら下の方へ行くと、がま口上の実演をやっているというので行ってみる。
1枚が2枚・・・・・・・そして紙吹雪、おー懐かしいと思い出す。

Dsc_1502花吹雪

極め付きは刀で腕に傷をつける場面。刀を引くと腕に赤い血の線が。そこまで見て離れたが、傷をがまの油で治すのだろう。

Dsc_1505刀を腕に

まー一種のマジックだが、口上や観客とのやりとりが面白い。近くに「おもてなし館」がありコーヒー飲んで一休み。

Dsc_1506おもてなし館

会場入り口へ行き、駐車場へはピストン運行のマイクロバスで。上の東屋までは行かなかったが帰宅は4時過ぎ、いい運動と暇つぶしの観梅であった。

2018年3月 8日 (木)

雪見風呂

 今年の雪見風呂は新潟、と思ったが那須の大丸温泉に。2月の予定が3月になってしまい、残雪が気になったが、着いてみると宿の周りに雪、よかったー。

Dsc03504_2大丸温泉

部屋に入るとコタツが有り、窓の外は雪景色で、先ずはカンパーイ。

Dsc03456部屋の窓から

落ち着いたところで風呂へ。内湯で暖まり混浴の露天へ行くと誰もいない。自噴の温泉が川のように流れ落ちながら4つ湯船を構成。上2つは冬季閉鎖だが、まさに源泉かけ流しだ。

Dsc03471混浴露天

湯舟周りの雪はほんのお印だけだったが、山際に見える雪、そして広く開放的な雰囲気に満足。もう少し早ければ最高だったかも。

Dsc03487山際の雪

一人いい気分でいると、前方におばさん5人組、遠くて容姿は定かでない。すると脇を通って一人の男性がおばさんたちの前に。なんと図々しいと思ったら、一人の若き女性が現れ男性の傍に。潮時かと上がり、部屋で風呂上がりの雪見ビール、たまらんねー。

Dsc03464雪見ビール

個室でとる夕食は値段相応に美味しく、量が多かったが全て平らげた。鳳凰美田という栃木の地酒もうまかった。

Dsc03475夕食スタート

朝起きるともう妻は風呂から上がってきて、混浴の露天に入ってきたという。なんで一人でー、おばさんは度胸がいい。朝食に鮎の一夜干し、出来はいいが養殖、政やんの天然物には及ばない。

Dsc03492朝食

10時に宿を出る。温泉が気に入り、食事も良かったと、珍しく妻がリピートしたいという。気分屋だから分からんがそれもいい。茶臼岳を垣間見ながら帰り道を下る。

Dsc03505茶臼岳

途中何ヶ所か寄り道するが、初めての「相田みつお那須ギャラリー」では、ちょっぴり心を癒やされ、

Dsc03510ギャラリー

何回か寄ったことのあるチーズガーデンでは、妻が「御用邸チーズケーキ」(これって美味い)を買い求めた。年取ると近場がいいとつい思う、ちょっぴり情けない。

Dsc03512チーズガーデン

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー