趣味

2009年8月12日 (水)

九州遠征

 一昨年、鮎の友釣100河川釣行を目指し、初めて九州遠征をしたが、台風の襲撃を受け思い半ばでの退散となった。今回はその思いを達しようと再度の遠征を試みた。しかし今度はしつこいゲリラ豪雨に悩まされ、僅か2河川で竿を出しただけで四国へ退散となった。

その四国の川も増水で、竿を出せる川を探して放浪の釣り。何とか4河川の鮎子ちゃんとご対面できたが、くたびれて果てて2週間の遠征を終えたのだあった。それでも6つの川を100河川に加えることが出来たのは、それなりの収穫ではある。

これで釣行河川は59となったが、道のりはまだ遠い。緊急避難の四国は初めてであったが、自然豊かないい川で釣りをすることが出来た。まだまだ沢山の川があるので、再度訪れてみたいという思いを強くした。

今回の遠征は川の状況がよくなかったこともあり、釣果には恵まれなかったが、初めての川で釣りをするというのは、いろんな期待や発見があったりで、実に楽しいものである。ただもう少し余裕のある釣行脚をしなきゃーとつくづく思う。

先ず3日に1日は休養日とすること、今回4日連続で移動しながら釣りを重ね疲労困憊に陥った。古希を過ぎた体に無理は利かないことを悟ったのである。とはいっても残された時間と軍資金のことを考えると悠長になってもいられない。悩ましいなー。

よし!、オフシーズンに体を鍛えよう。そして3度目の正直を狙っての九州、2度目の四国遠征に挑戦しよう!。今回は1000円高速を活用したが、次回は?。フェリー、なんていうのもチラつくのだが、それは鍛錬如何かなー。(今回の遠征は7/20~8/2)

九州最初の川辺川。2時間で5匹釣ったら急に増水してきた。21kyuusyuusikoku_007

21kyuusyuusikoku_042_2  瀬戸大橋を通って四国へ

21kyuusyuusikoku_092 高知の安田川、24匹釣れた。

21kyuusyuusikoku_120

移動の途中立ち寄った室戸岬

21kyuusyuusikoku_137 今回の遠征最後の川、徳島の海部川。1匹と惨敗でした。

2009年3月23日 (月)

しぶい

 昨日行けなかった大芦川へ。今日も寝坊して着いたのは7時前だ。解禁翌日の月曜日なので釣り人も少ないと思ったが、結構暇人がいるもんですなー。目当てのポイントにも先客が1人、まー何とかなるかもと支度をはじめたら、魚を受けるタモがない!、これはちょっとショックだったが、帽子で受けることにする。

結果は3時間でたったの5匹としぶい。体が冷えたので一旦上がってストーブにあたりながら暖かい蕎麦を食べ小休止。午後は下流に移動するが風が強くなり釣りずらく、結局3匹追加したのみ。これでは例年花見の時に提供していたヤマメの塩焼きがあやうい。あと何日釣行できるかなー。

2009年3月19日 (木)

初夏の陽気に誘われて

 桜の開花も一気に早まるだろうか、20度を越すという初夏の陽気だ。そんな陽気に誘われて鬼怒川へ出かけてしまった。初めての鬼怒川本流ヤマメ釣り挑戦だ。支度をしていたらラジオから流れてきた釣りプロのおしゃべり「今の鬼怒川は釣れない」だって。

そんなの承知の上よ、こんなすばらしい自然の中で竿を出せるだけでいいのよ、なんてぶつぶつ言ったが、本心は1匹位は釣りたいのよ。そして開始30分、きたーっ、こいつはでかいぞ!、この竿と糸のバランスで大丈夫?切れないかなかな、と一瞬不安になったのがいけなかった。

その不安が手から竿に伝わって隙を作ったのだろうか、針から外れてしまったのだ。その後アタリはあっても針掛かりせず、釣れたのは雑魚ばかり。逃げられた魚は大きい、あの1匹が惜しかった、これが釣りなのである。今日は鬼怒ヤマちゃんに振られたが、次回は仲良くしようねー。

21kinugawayamame_003_2 鬼怒川の川原は広くて気分がいい

2009年3月 1日 (日)

厳しい解禁

i渓流解禁、ちょっと寝過ごしたかと思ったが何とか間に合った。場所は荒川、すごい車の数だ。何とか駐車スペースを見つけて支度をしていたら薄明るくなってきた。隣の車は茨城から1人で来たというおばさん、頑張ってるねー。

人の数の割りに魚が少ない?、あまり釣れてないのだ。そんな状況の中、バラシが4匹、魚篭に入れようとして逃げられたのが1匹いて、確保したのはたったの4匹という効率の悪さだ。7時40分には寒さも手伝って早々と諦める。

まー解禁は釣堀と同じだからそんなに粘ることもないからね。何しろ人だらけで移動しても釣れる訳がないのだ。車に戻ったら隣のおばさんも釣れないと戻ってきた。しかしこれから上流のほうへ移動するのだという。おばさん元気だー、負けちゃうよ。21keiryuukaikin_001

この人出、釣堀です

2009年2月28日 (土)

いよいよです

 明日から渓流解禁、いよいよ川釣り本番です。竿を出してきて一応点検、OKは当然でしょう。仕掛けは去年の残りがあるが、解禁は放流もの狙いなので繊細な仕掛けなどいらない。ということでそれなりの仕掛けを作る。更に餌のイクラとブドウ虫を買ってきて準備OKだ。

あとは忘れ物をしないようにと車に詰め込む。冷えるから厚い鮎用のウェーダー、タモ、ベルトには魚篭と餌箱を付ける。そしてベストには入漁証、仕掛けケース、針ケース、錘ケース、ラインカッターと針外し、変更グラス、手袋、ヘッドランプセットする。更に防寒対策用に合羽と耳を覆う帽子、ホッカイロは靴、背中、ポケット用と3種類、これで大丈夫かなー。あっそうだタオルを忘れていた!。もう寝ようっと。

21keiryuukaikin_010

竿とベスト収納物

2009年2月20日 (金)

氷上ワカサギ釣り

 珍しく雪の降る中、集合時間の朝3時に余裕の1番乗り。ああそれなのに・・・、仲間の車に乗り移り桧原湖へ向かっていざ出発、間もなく鍵閉めたかな?、アッ携帯忘れた!。乗り移る時、慌てて履いた長靴に気をとられしまったか、これってやはり歳のせいなのだろうか。今日は撮影ができないなー。

楽しいはずの車中もこの2つが引っかかって、いまいち会話も進まないのだ。しかし現地に着き、氷上に穴を開けテントを張って釣り始めると、そんなことは何処へやら、もう釣りに夢中になってしまう。釣りはストレス解消の特効薬、現役時代は随分お世話になったものである。

でも釣果の方はさっぱり。加えて外は猛吹雪で、バタバタ鳴るテントの音が騒々しい。誤算はテントの中が濡れねずみ?。気が付いたら手袋もリュックもびしょ濡れだ。こんな悪戦苦闘して釣れたのはたったの8匹。よくもまーやるもんだと我ながら思ってしまうが、一方ではこの経験を来年の装備に生かそう、もっとワカサギ攻略法を考えよう、と燃えるのがまた釣り人なのである。

しかしさすがに今日は午後1時前の早上がり、諦めも肝心である。車中の人になると、鍵と携帯がまたもや頭をもたげてきたが、疲れもあってかなるようになれーだ。そして着いた駐車場、車は無事だ、携帯も中にあった。あったり前でしょう、なんて心の中でつぶやいたが、2つ共我が分身、政やんしっかりしろー!。

21tubuyaki_002_3 

大きさも8cm前後の小ぶり

2009年2月17日 (火)

日光彫作品

ちょっと小型だけど、ハンドバックに入るかなーと思って彫ったのは、しゃくなげが図柄の手鏡である。出来栄えはまずまずかなー。塗りは業者に依頼するが、どんな仕上がりになるか楽しみだ。

出来上がった時、それをもらってくれるのは誰だろうか。妻か?、娘か?。どこかの片隅でしょんぼり、なんてことにならないといいけどね。 21tekagami_002_2

その他のカテゴリー